私の人生とお仏壇

子供の頃は、宗教と考えずに御仏壇に先祖代々の仏を拝む物、御本尊を拝む気持ちが薄らいでいました。
御仏壇十六歳で家具職を目指し、新潟から長野に。
三十代は東京に来て住宅修理業を営む。

家を出た後は、御仏壇の事は、核家族の誰か仏に成った時に安置するのが普通かと思っていました。

最近、五木寛之著の親鸞聖人を読み、宗教の偉大を知り、古希も過ぎ御仏壇の心配をする様になり、数年前に浅草に行った時、京仏具(株)小堀東京店に入り、「カタログ」と「お内仏のお給仕と心得」の本を頂きました。

其の後は、折り込み広告の自社工場直売とか、産地直送の展示会を見て回りました。自分も昔は、家具職人で見る目もあります。

購入は、京仏具(株)小堀と決め、練馬店に依頼。見積書を出張の折に持参して頂き、社員の親切丁寧な説明で納得し、購入致した次第です。

念願の御仏壇を安置して頂き満足です。御仏壇内部の屋根を眺めると、圧倒される感動を致すところです。

2013年2月 東京都 横尾様

The following two tabs change content below.

返信を残す