ご先祖様の為に・・・

工房の職人さんより、ご近所さんがお仏壇について相談したいと、お話をいただきました。

ご自宅の新築に伴い、金仏壇のご修復かご新調か検討されてました。

「ご先祖様がずっと守ってこられたお仏壇なので・・・」と、悩んだ結果ご修復に決められました。

工事の遅れやお仏間の寸法違いの問題がありましたが、納入時、無事にお仏間にご安置させていただいた時には、

目に涙を浮かべておっしゃられました。

 

「お仏間の寸法が違ってできた時には、 ご先祖様にあわす顔がないと、夜も眠れませんでした。

次の日にすぐ来ていただいて、この寸法なら無事おさまります。 と聞いた時には、本当に安心しました。

今夜は眠れると思いました。 ありがとうございました。ご先祖様も喜んでくれてると思います。」と。

 

私たちがご修復するお仏壇って、その家のご先祖様すべての思いが詰まってるものなんですね。

The following two tabs change content below.

小堀 朋

最新記事 by 小堀 朋 (全て見る)

1件のコメント

返信を残す